スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
★限定です★
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
「松坂は気迫こもっていた」 首脳陣や同僚が称賛
2007 / 10 / 22 ( Mon )
★限定です★
ポストシーズン最初の2試合で5回を持たずにノックアウトされたボストン・レッドソックスの松坂大輔投手。しかし、3勝3敗で迎えたクリーブランド・インディアンスとのア・リーグ優勝決定シリーズ第7戦では先発の役割を十分に果たし、レッドソックスを3年ぶりのワールドシリーズへ導くのに十分な結果を残した。

 5回まで6安打、2失点に抑え、味方のリードを守りきった松坂。テリー・フランコナ監督が「気迫がこもっていたね。必要なことをやってくれた」と話せば、ジョン・ファレル投手コーチは「5回まで持ちこたえてほしいという期待に、見事応えてくれた。リードを守ってくれたので、うまくリリーフ陣につなぐことができた。彼にとって調子が上向きになり、自信につながる内容だったし、もう一度登板するチャンスができたね」とたたえた。
スポンサーサイト

テーマ:四季の便り - ジャンル:モブログ

20:22:26 | 亀梨 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。