スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
★限定です★
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
金平会長“亀田親子よもう一度謝れ”
2007 / 10 / 25 ( Thu )
★限定です★
ボクシングのWBC世界フライ級王座戦で反則を繰り返した亀田大毅(18)=協栄=らがライセンス停止処分を受けた問題で、協栄ジムの金平桂一郎会長(41)は24日、東京・新大久保の同ジムで会見し、亀田一家に対して再度の謝罪会見を要求した。17日に行った謝罪会見で大毅と史郎氏(42)の誠意が見られなかったとし、反則行為を促した興毅(20)を含め、現役を続ける条件として謝罪会見を求めた。金平会長は25日に亀田家と話し合いを行い、亀田家が謝罪会見を拒否した場合、解雇する可能性を示唆した。
 亀田家がボクシング界で生き残る道として、金平会長は再度の謝罪を求めた。25日に亀田家と今後に関して話し合いの場を持つが「謝罪会見」を前提にしたもので、この条件を亀田家が受け入れなければ“交渉”は決裂となる。この場合、協栄ジムが解雇する可能性が高く、亀田家は所属先を失うことになる。
 17日の謝罪会見では、大毅は謝罪の言葉を発することなく2分足らずで会見場を後にした。一方、史郎氏は関係者に謝罪の意を示したが、日本ボクシングコミッション(JBC)により時間が制限されていたため、10分足らずで会見が終了。宮田会長、王者・内藤に謝罪がなかったことから批判の声が上がった。
 金平会長はこの会見に関して「大毅が一言でもあればかなり違ったと思う。ほとんどの方があれを謝罪したと思っていない」と振り返った。また史郎氏の謝罪に関しては「誰に対しての謝罪か明確ではなかった。あれが亀田流の謝罪かと思うが、通用するものではない。謝罪とは誠意の表れですから」と話した。
スポンサーサイト

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

16:20:34 | 斉藤 佑 樹 早実 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。