スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
★限定です★
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
1勝1敗のタイで舞台はナゴヤドームへ=プロ野球・日本シリーズ第3戦見どころ
2007 / 10 / 30 ( Tue )
★限定です★
プロ野球・日本シリーズ第3戦、中日ドラゴンズvs.北海道日本ハムファイターズが30日、中日の本拠地・ナゴヤドームで行われる。初戦は日本ハム、第2戦を中日が取り、星を五分として舞台を札幌からナゴヤドームに移す。

 初戦を落とした中日だったが、第2戦は初回から試合を有利に運んだ。打線は8安打で8得点。3番・森野が3打点、5番の中村紀は2安打2打点、1番・荒木も2安打をマークし、上位打線に活気が戻った。主砲ウッズにも待望の日本シリーズ初安打が飛び出したが、5番DHの立浪が2試合で6打数無安打と大ブレーキ。ナゴヤドームではDH制がなくなることもあり、打線を組み替えてくるだろう。
 一方、初戦は勝ったものの2安打、第2戦も4安打に終わった日本ハム。特に森本、田中賢、稲葉の1、2、3番が合計20打数1安打と深刻だ。第3戦からは敵地での試合となるが、田中賢は今季ナゴヤドームで7打数6安打、打率8割5分7厘と好相性。愛知県出身の稲葉も3割ちょうどと苦手意識はない。クライマックスシリーズから3試合連続弾のセギノールにつなげるためにも、上位打線の奮起がカギをにぎる。
スポンサーサイト
20:30:43 | 斉藤 佑 樹 早実 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。