スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
★限定です★
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
東急ハンズの謎 過剰な品揃えビジネスの本質 「売り場効率」より「フラットな売り場」~釘1本も高額電動工具も同等です 
2007 / 10 / 30 ( Tue )
★限定です★
東急ハンズにとっては、「売り上げ」だけが目標ではありません。

 「提案」や「潜在的な重要の開拓」がそこに加わります。「とにかく売り上げが上がればいい」という売り上げ至上主義ではないのです。

 そのため、商品導入の際の判断基準においては、「その商品をお客様にお勧めしたいか」「そのライフスタイルの提案に必要か」が最優先されます。

 小売り店において、売り上げの見込める商品を仕入れることは、大原則でしょう。
 しかし、東急ハンズはこの絶対命題に縛られないのです。

 「確実に売れるであろう大定番品」より「認知度は低いかもしれないが品質の優れたもの」「全く知られていないが是非知ってほしいもの」を優先するのです。

 そのため、商品の価格にもこだわりません。
 例えば、東急ハンズの道工具・金物のコーナーには100円以下のネジ釘から5万円以上する電動工具までがずらりと並んでいます
スポンサーサイト
20:31:41 | 亀梨 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。