スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
★限定です★
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
<東京六大学野球>早大が3連覇 斎藤は15奪三振で初完封
2007 / 10 / 30 ( Tue )
★限定です★
東京六大学野球の秋季リーグ戦最終日は30日、神宮球場で早大・慶大3回戦が行われ、早大が序盤の集中打と機動力で3連投の慶大・加藤幹(4年・川和)を攻略して快勝、3季連続40回目の優勝を果たした。

【写真特集】 好投する斎藤投手の様子はこちら

 早大先発の斎藤(1年・早実)は、15奪三振の好投で初完封。春秋連続の最多勝タイとなる4勝目を挙げ、防御率0.78も断然1位の活躍で、通算30勝を挙げた加藤幹を抑え、2季連続でベストナインも射止めた。最終順位は2位が明大で慶大は3位。法大4位、立大5位、東大6位となった。

 首位打者は早大の田中幸長(4年・宇和島東)が56打数22安打(打率3割9分3厘)で獲得。毎日新聞社からブロンズ・トロフィーが贈られた。田中幸は本塁打、打点でもトップで01年春の鳥谷敬(早大-阪神)以来、戦後12人目の打撃3部門トップの成績を記録した。

 ◇初回に一挙4点で大勢決し、斎藤も完封劇…3連覇の早大

 早大は、立ち上がりの鮮やかな速攻で開学125周年の節目の年に40回目のリーグ制覇をたぐり寄せた
スポンサーサイト
20:35:47 | 斉藤 佑 樹 早実 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。