スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
★限定です★
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
小笠原・父島で外来種巻き貝が大繁殖…世界遺産登録ピンチ
2007 / 11 / 02 ( Fri )
★限定です★
世界自然遺産登録を目指す小笠原諸島(東京都小笠原村)の父島で、外来種の巻き貝「ヌノメカワニナ」が大繁殖していることが、国立環境研究所(茨城県つくば市)などの調べでわかった。

 環境省が絶滅危惧(きぐ)種に指定するオガサワラカワニナを完全に駆逐する勢いという。同諸島の自然遺産登録に向けて、米原産トカゲなど外来種の駆除が課題になっており、また一つ問題が持ち上がった形だ。

 ヌノメカワニナは、国内では父島とほぼ同緯度の奄美大島が北限とされる。川底の藻類を餌にするのはオガサワラカワニナ(体長2・5センチ程度)と同じだが、ヌノメは雌雄同体のため繁殖力は圧倒的に強い。

スポンサーサイト

テーマ:サザンオールスターズ - ジャンル:音楽

17:55:25 | 亀梨 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。