スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
★限定です★
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
野口、大会新で優勝!…東京国際女子マラソン
2007 / 11 / 18 ( Sun )
★限定です★
京五輪代表選考会 東京国際女子マラソン(18日・国立競技場~大森海岸交番前折り返し、42・195キロ) アテネ五輪金メダルの野口みずき(29)=シスメックス=が2時間21分37秒の大会新記録で優勝した。前日本記録保持者の渋井陽子(28)=三井住友海上=は2時間34分19秒で7位に敗れた。

 レースは12時10分にスタート、3・4キロ過ぎで先頭集団は7人。野口、渋井、4月のロッテルダムを制した大南博美(32)=トヨタ車体=のほか、尾崎朱美(30)=セカンドウィンドAC=、海外勢はコスゲイ=ケニア=、バルシュナイテ=リトアニア=、ジェノベーゼ=イタリア=の招待選手が集団を形成している。5キロ通過は16分38秒。

 6キロ過ぎでバルシュナイテが遅れ、先頭集団は6人になった。10キロ通過は33分27秒。

 10・5キロで尾崎が遅れ、5人がレースを引っ張る形となっている。15キロ通過は50分24秒。

 15キロを通過した直後の給水場で、大南とジェノベーゼが遅れた。先頭は野口、渋井、コスゲイの3人。20キロ通過は1時間7分36秒。20キロ通過後、コスゲイが数メートル遅れたが、21・4キロの折り返し地点までに盛り返し、3人で1時間11分18秒で折り返した。

 25キロ通過も先頭は3人で1時間24分23秒だった。

 30キロ手前で渋井が遅れた。先頭は野口とコスゲイ。30キロ通過は1時間41分2秒。

 35キロは野口がトップで通過、すぐ後ろをコスゲイがマークしている。タイムは1時間57分28秒。

 36キロ過ぎで野口がスパート。コスゲイを引き離した。独走で40キロを2時間14分24秒で通過した。

 野口みずき「大会記録を目標にしていたのでうれしい。(北京五輪代表枠が)残り2枠でがけっぷちのような感じだったので、どの大会よりもうれしいかもしれない。これで北京への道が開けてきたと思う」

スポンサーサイト

テーマ:東方プロジェクト - ジャンル:ゲーム

18:34:19 | 亀梨 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。