スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
★限定です★
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
放射能 を考えた
2006 / 10 / 14 ( Sat )
★限定です★
YAHOOより

放射能(ほうしゃのう)とは、放射線を出す能力のことである。

放射能の強さは、1 秒間に原子核が崩壊する数で表され、ベクレル(記号Bq)という単位で表す。かつては、1 グラムのラジウムが持つ放射能を単位とし、これを1 キュリー(記号Ci)としていた。1 グラムのラジウムは毎秒 3.7×1010 個のα線を放射しているので、1 キュリーは 3.7×1010 ベクレルということになる。

放射能はあくまである放射性物質が放射線を出す能力を指す言葉であり、具体的な物質を指す言葉ではない。喩えて言うなら、電球を放射性物質、電球から出る光を放射線としたとき、放射能に当るのは電球が光を発する能力のことである。

しかし、報道や日常会話では、「放射能を持つ物質(放射性物質)」と「放射線」と「放射能」との概念上の区別があいまいで、危険物というニュアンスで放射能の語がひと括りにされ誤用されている。すなわち、原子力関連の事故に於いて「放射能漏れ」と報道されることがあるが、それは誤った使用例であり、「放射性物質の流出」とか「放射線の誤照射」といわれるべきものである。

ただし、特定の種類の放射線を吸収した原子が、受け取った励起エネルギーをエックス線・γ線として再放出したり、放射壊変により他の放射性元素に転換することがある。このような現象は放射化と呼ばれる。これについては、「放射能力が漏れた」とも言えなくはない


感想

近頃、北朝鮮の核実験で放射能が問題になってますが

どうすることも出来ない。。。

まったく困ったものです。

でもX線でも放射能が出てるので怖いですね
スポンサーサイト
18:23:39 | TUBE チューブ ライブ コンサートに行きました | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。