スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
★限定です★
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
オフコース、「言葉にできない」ほどの人気だってさー
2006 / 12 / 30 ( Sat )
★限定です★
YAHOOより


オフコース初のオールタイムベスト『i (ai)』が、オフコースとして18年5か月ぶりのチャートTOP10入りを果たし、さらに1月1日付けのランキングでは、9位から5位へ順位を上げた( 写真はこちら )。

 このオフコース大ヒットの裏には、着うたでも大人気の曲「言葉にできない」のブームがあるといえる。

 約25年前にシングル・カットされたときは、最高37位と大ヒットにはいたらなかったこの楽曲。しかし、オフコース解散から10年後の1999年に明治生命のCMとしてこの曲の小田和正セルフカバーver.が使用され、注目を集める。その後ドラマのテーマとして使用されたり、最近では槇原敬之、平原綾香などもカバーした。

 2006年には映画『手紙』のテーマにもなり、12月23日に行われた有馬記念でのディープインパクトの引退式も「言葉にできない」(小田和正ver.)で締めくくられている。

 この「言葉にできない」ブームにより、当時のオフコースを知らない10代、20代のファン層が広がっている。最近では「さよなら」「愛を止めないで」等を抑え、オフコースといえば「言葉にできない」というほどの人気曲となっている。この人気はまだまだ衰えそうにない



感想

オフコースを最近の世代は

あまり知らないんですね

私の世代にはたまりません。

でもいい曲はいつまでも人気が

あっていいですね
スポンサーサイト

テーマ:これからの日本 - ジャンル:政治・経済

20:35:14 | 斉藤 佑 樹 早実 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。