スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
★限定です★
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
本仮屋ユイカ、北川景子の闇の部分をみた…ってどうしたの?
2007 / 01 / 18 ( Thu )
★限定です★
YAHOOより


『Deep Love』を手がけた作家、Yoshiがイマドキの若い世代の友情を描いた映画『Dear Friends』(2月3日(土)公開)の特別試写会が1月16日(火)、都内で行われた( 会見の様子はこちら )。

 過激な描写で、読者の体験談を盛り込んだ“リアル"感が若年層の共感をよび、原作だけで50万部のロングセラー小説に成長させ、映画化となった今作。映画初主演となる北川景子は「はっきり言って、過激な部分が多く最初は作品を理解できなかった。でも、だんだん役の女の子になって読むと冷静になれて、周りの友人や家族の大切さや感謝を問いかけたい!と思った」と真剣な表情で語った。

 自身は、小学2年の時に阪神・淡路大震災に見舞われ、自宅は全壊。多くの友人を亡くしたが「生きていることに、感謝できた!どんな状況でも、私は生きていきたい」と語り、昨今の自殺・イジメ問題で命を絶つ同世代が多いことに、憤りを感じている様子。ただ、共演する本仮屋ユイカには「頑張って!と何度も言われたし、なにげないことができる人。本当に嬉しかった!」と、今作を通して“友情"について得たものが大きかったことを明かした。

 また、本仮屋は「ここまで演じれたのは、相手役が北川さんだったのが大きい。凄く一生懸命で、自分の闇の部分をみせてくれた。私の役(マキ)を通して、とにかく今持っているもので、懸命にやるということを伝えたい!」とコメント。今年、注目の若手女優としてさらなる活躍が期待されている2人にとって、大きく成長できた作品となったようだ。



感想

相手役の

方は

あの

阪神大震災の

被災者だったんですね

あの
記憶は

忘れられ

ません。。。。


きになる

作品ですね
スポンサーサイト

テーマ:ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

13:41:39 | 斉藤 佑 樹 早実 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。