スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
★限定です★
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
「カミカゼ」のイメージ変えたい=日系監督、特攻隊の映画制作 だってさーー
2007 / 07 / 08 ( Sun )
★限定です★
YAHOOより


旧日本軍の元特攻隊員らに、日系米国人2世監督のリサ・モリモトさん(39)がインタビューしたドキュメンタリー映画「TOKKO-特攻-」が、21日から公開される。公開前に来日したモリモトさんは「日本や世界で『カミカゼ』という言葉が持つイメージを変えたい」と話している。
 ニューヨークで生まれ育ったモリモトさんにとって、「カミカゼ」とは「テロリストや狂信的な人がやること」だった。ところが2005年春、既に亡くなった叔父が、特攻隊の訓練を受けていたことを偶然知る。「とてもショックだった。優しくて愉快な叔父とはイメージが合わなかった」。自分が持つ特攻隊のイメージに疑問を持ったモリモトさんは、同年10月に来日。7週間で18都市をめぐり、元隊員らの証言を集めた。
 「死にたくなかった」「戦争が終わってほっとした」。日本語でのインタビューには苦労したが、元隊員らは死への恐怖など、率直に当時の気持ちを話してくれた。


感想

実際に

特攻隊に

いた人はすごいです

私の高校時代の

先生は特攻隊の

生き残りの方でしたが

すごい方でした
スポンサーサイト

テーマ:2歳児の日常 - ジャンル:育児

15:59:14 | 亀梨 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。