スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
★限定です★
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
日本 韓国
2007 / 07 / 30 ( Mon )
★限定です★
イラクが優勝。
やはり国の情勢が、いま、あのように極めて不安定になっているのが、選手をより奮起させたようで、完全に国民すべてがサポーター化していた。

選手は熱い国民の、熱狂的応援を完全に力に変え、見事に90分で決着を着けた。内容的にもサウジに勝っており、見事な優勝だった。
サポーターの力も大きいが、今大会のイラクは、オーストラリア、韓国、サウジを破っており、実力的にも本物だった。

テロが起きようが死人が出ようが、必死で応援し続ける国民。
国民ほとんどにとって、代表を応援することだけが今の生きがい、楽しみといっても過言ではない状況。
日本が対戦していても、サウジ以上に圧倒されていただろう。選手の目の色が違う。

ただ、イラクも、今の状態を、来年のW杯予選までもっていけるかどうかは分からない。
むしろ、もっていけない可能性のほうが高い。
それがW杯予選の難しさであり、面白さでもあるのだ。

さて、日本が4位という結果に終わり、ここ数日、オシムが色々とコメントを出しているようだ。現在の実力が、ある程度明白になり、これから来年のW杯予選まで、かなりの改革をやらかしそうな雰囲気である。

大いにやってもらいたい。
選手の入れ替えをはじめ、何かをやるには、今から予選が始まるまでである。
テスト・マッチを消化しながらの作業になるのは当然だが、今後はさらに選手の入れ替え、新起用が見られそうだ。

南アフリカW杯出場を狙う選手は、これからが一番のチャンスだ。
予選が始まれば、あまり極端な選手の入れ替えは困難になる。
チャンスをもらった選手は、どんどんアピールしてもらいたい。

今回のアジア・カップの結果を見ても分かるように、アジアの強豪国といわれるチームの実力は、本当に紙一重だ。
延長戦が多く、スコア的にも1点差の試合の続出だった。

少なくとも、アジアは、実力的に拮抗しているチームが、現時点でも8~10チームはある。
W杯出場の椅子は、4プラス1しかない。それに入らなければならないのだ。
しかも、今回のアジア・カップでは、日本は比較的レフェリーには有利に笛を吹いてもらっていた。ディフェンシング・チャンピオン・チームということで、そういう点が無意識にレフェリングに出ていた。

前回の北京大会でもそうだった。中国のサポーターは、圧倒的に日本を罵倒していたが、レフェリーはむしろ日本に擁護的だった。PK戦のゴール変更など、そのいい例だ。チャンピオンだったからだ。
だが、これからは違う。

レフェリングを含め、W杯予選の、真のサッカー戦争が始まる。
前々回の、フランスW杯予選の終盤。日本のホームにUAEを迎えた一戦の主審は、1-1のスコアの後半ロスタイム。明らかに3分はあると予想されたロスタイムを1分半で終わらせた。

後にその主審は、買収されていたことを白状し、大きな問題になった。
しかし、サッカーではそういうことが、実際に起きるのである。
もちろん起きてはいけないことだ。だが、実際には起きるのだ
スポンサーサイト

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

20:12:02 | 斉藤 佑 樹 早実 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。