スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
★限定です★
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
難病とともに戦った、夢の甲子園
2007 / 08 / 12 ( Sun )
★限定です★
きっかけは、何気ない一言だった。

 2年前の冬、愛工大名電高の室内練習場。二人一組になってティー打撃をしている選手たちの中に、一人余っている選手がいた。必死にバットを振る選手たちの横で、軽くバットを振っている。人数の関係で、どうしても順番待ちの選手が出てしまうのだろう。おせっかいかもしれないが、それなら、と思いこう声を掛けた。
「ティー(打撃のトスを)上げようか?」
 ところが、返って来た答えを聞いて驚いた。
「僕、練習しちゃいけないんです」
 冗談かと思った。ケガをしているようには見えない。具合が悪いようにも見えない。理由を聞いて、さらに驚いた。
「僕、病気なんです」

 病名はベーチェット病。国の難病(特定疾患)に指定されている慢性再発性の炎症性疾患で、体調によって激しい運動が制限される。カレー、とんかつなど食べてはいけない料理や食品も数多い。
スポンサーサイト

テーマ:障害児と生きる毎日。 - ジャンル:育児

19:35:30 | 亀梨 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。