スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
★限定です★
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
【第64回ヴェネチア国際映画祭】浅野忠信、海外記者に「なぜ、役名がいつもケンジなのか」を問われる!
2007 / 09 / 01 ( Sat )
★限定です★
第64回ヴェネチア国際映画祭の第2コンペ部門、オリゾンティに選出された、青山真治監督の『サッド ヴァケイション』(9月8日公開)の公式上映が31日(現地時間)に行われ、主演の浅野忠信、石田えり、宮崎あおい、板谷由夏、オダギリジョー、光石研、とよた真帆と主要キャストが勢ぞろいした。

 同作品は青山監督の代表作『Helpless』(1996年)と『EUREKA ユリイカ』(2000年)のキャラクターたちのその後を、北九州を舞台に描いたユニークな試み。上映後、記者会見を行った青山監督は「皆さんはお笑いになるかもしれませんが、ヴェネチアで改めて観てみたら(『サッド ヴァケイション』を)とても良い映画だと思いました」と自画自賛発言を連発した。

 一方、今やアジアを代表する俳優となった浅野には、香港の記者から「本作品も、タイ・日本合作の『地球で最後のふたり』も、いつも役名がケンジ(『サッド ヴァケイション』では健次)なのはなぜか?」というマニアックな質問が飛んだ。浅野は「自分でもなんでケンジをやっているのか不思議。でも同じく、ケンジを演じた『地球で最後のふたり』では、この映画祭の第2コンペ(当時はコントロ・コレンテ部門)で主演男優賞をもらったので、今回も良い結果が出ると思っています」と賞取りレースに意欲をみせた。

スポンサーサイト

テーマ:楽天市場通信販売! 商品紹介 - ジャンル:アフィリエイト

21:53:58 | 亀梨 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。