スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
★限定です★
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
第12回「電影金紫荊奨」は東京での受賞作「父子」がグランプリ―香港
2007 / 09 / 02 ( Sun )
★限定です★
2007年9月1日、香港のアカデミー賞「金像賞」に並ぶ映画賞、第12回「香港電影金紫荊奨」(ゴールデン・バウヒニア賞)が発表され、第19回東京国際映画祭で「最優秀アジア映画賞」を受賞した「父子」、アンディ・ラウ(劉徳華)主演の「墨攻」、アンソニー・ウォン(黄秋生)主演の「放・逐」が最優秀映画賞を受賞した。

アーロン・クォック主演の「父子」は、最優秀助演男優賞や年度中国語映画賞など計7賞を獲得し、最も注目を集めた。また、最優秀主演男優賞は「我要成名」のラウ・チンワン(劉青雲)が、同女優賞はチャン・イーモウ監督作品「満城尽帯黄金甲」のコン・リー(鞏俐)と「戲王之王」のシャーリーン・チョイ(蔡卓妍)が受賞している。
最優秀監督賞は「放・逐」のジョニー・トーが選ばれ、最優秀映画主題歌賞はジェイ・チョウ(周杰倫)の「菊花台」が受賞している。
スポンサーサイト

テーマ:日経225先物寄り引けシステム - ジャンル:株式・投資・マネー

22:00:32 | 斉藤 佑 樹 早実 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。