スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
★限定です★
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
【第64回ヴェネチア国際映画祭】石田えりのネガティブ発言連発に「おれのせい?」と青山真治キレる
2007 / 09 / 02 ( Sun )
★限定です★
画『サッド ヴァケイション』の公式上映が行われた翌日の1日、現地入りしている主演の浅野忠信、石田えりらがそろって日本人記者向けの会見を行った。その席上で、「イタリアの観客に、温かく観ていただいてホッとしました」と浅野やほかのメンバーが優等生発言をする中、ただ1人、石田が不満を口にした。

 同作品は第2コンペティション部門での上映で、公式上映は午前11時から。映画『嵐が丘』(1988)でカンヌ国際映画祭のレッドカーペットを踏んでいる石田としては、その落差に拍子抜けした様子。公式上映の印象を尋ねられ、「レッドカーペットは(車から降りて)10歩ぐらいで終わっちゃった。観客も、夕方の上映のときはすごい人であふれていたのに、わたしたちのときは……なんか想像と違ったな」と愚痴モード。

 引き続き、ほかの映画祭との違いを尋ねられると、再び「カンヌの時は、出席者全員で着物を着てきらびやかで、回りも黒山の人だかりだったのに。なんか寂しかったな」とあまりのネガティブ発言の連発に、青山真治監督も「それは、おれに対する批判ですか? 何か、前向きな発言はないんですか?」と突っ込みつつ苦笑いしていた
スポンサーサイト

テーマ:eワラント - ジャンル:株式・投資・マネー

22:11:32 | 斉藤 佑 樹 早実 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。