スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
★限定です★
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
ウルトラセブンX:40年目に“小顔”で復活 ストーリーは「ダークに」
2007 / 09 / 08 ( Sat )
★限定です★
67年に放送された特撮ヒーロードラマ「ウルトラセブン」の誕生40周年記念作品「ウルトラセブンX」(CBC、TBS系)の制作発表会が6日あり、主人公のジンを演じる与座重理久(えりく)さん(26)らメーンキャストが登場。与座さんは「これまでとは違うダークで大人向けの作品に仕上がっています」とアピールした。

(【写真特集】ウルトラセブンXやメーンキャストが登場した発表会の様子はこちら)

 「ウルトラセブンX」は、町中に張り巡らされたモニターによって人々が管理された世界で、日常生活に潜むエイリアンを秘密裏に抹殺する特殊捜査チーム「DEUS(デウス)」のエージェント・ジン(与座さん)が、謎の美女エレア(加賀美早紀さん)から手渡されたウルトラアイで、ウルトラセブンXに変身、エイリアンたちと戦うというストーリー。アイスラッガーやエメリウム光線、ワイドショットなどウルトラセブンと同じ必殺技を駆使するウルトラセブンXは、オリジナル版よりも小顔でがっちりした体つきで、肩のプロテクター部も盛り上がった現代風のデザインにアレンジされている。

スポンサーサイト

テーマ:洋食器が好き - ジャンル:ライフ

00:22:55 | 斉藤 佑 樹 早実 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。