スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
★限定です★
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
松田翔太、現場でガッキーに拒否られる? 『ワルボロ』キャスト陣勢揃いで天然トーク
2007 / 09 / 08 ( Sat )
★限定です★
期待の若手俳優陣が80年代のツッパリ中学生に扮して大暴走! 公開前から大きな話題を呼んでいた映画『ワルボロ」が9月8日(土)、ついに公開を迎えた。初日の第一回目の上映前の舞台挨拶に主演の松田翔太、ヒロインの新垣結衣、さらに福士誠治に城田優、木村了、古畑勝隆、途中慎吾ら共演陣、そしてメガホンを取った隅田靖監督が登壇。朝9時という時間にもかかわらず多くの観客がつめかけ、会場は大きな盛り上がりを見せた。( この映画のフォトギャラリー )

「翔太」コールがやまない観客席に向かって、松田さんは「おはようございます。朝早くから来てくださってありがとうございます」と挨拶。勉強一筋の優等生から、一夜にしてリーゼント、短ラン&ボンタンのツッパリに転向するコーちゃんが、松田さんの記念すべき映画初主演作における役柄となった。「この役を演じるに当たって、“刹那主義”ということを僕の中でテーマとしました。一つ一つのシーンにライブのような感覚で臨みました」。この松田さんの思いは共演の俳優陣にも共有されていたようだ。松田さんの言葉を引き取って、“三中錦組”を率いるヤッコを演じた福士さんがこう続ける。「実は、一番最初の顔合わせのときに監督は、僕ら(男性陣)6人だけを残して消えちゃったんです。このおかげで頭のシーンから、みんな仲が良かったですね」。松田さんはこの顔合わせで「監督を先生だと思って、やりたいことをやりまくろう!」と呼びかけ、そこから堰を切ったように、みんなから次々と新しいアイディアが出されたという
スポンサーサイト

テーマ:写真日記 - ジャンル:モブログ

22:51:50 | 斉藤 佑 樹 早実 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。